ジャニオタの歴史②

ジャニオタの歴史② 中学生編
まだまだ続きます。
 

 

中学に入学して同じクラスになったマイナ。小学校ではヨッ友程度でしたが、部活も一緒で学級委員も一緒ですっかり仲良くなります。春の体育の授業のときにマイナが櫻井くんを好きなことを知り意気投合するのですが、アルバム「Time」いいよねという話をされます。ここで私は、「櫻井くんのこと好きだけど嵐のこと知らない…」ということに気づいてしまうのです。始まった。始まりの瞬間だった。とりあえずCD買うことから始めるんだ!!!ということでちょうど6月にシングル「One Love」が発売。初回限定盤とやらを手に入れたく母親に思い切って話してみると、要らないよ〜借りればいいじゃん、と言われあっけなく敗北。こんなことがあるだろうか。後にやっぱり欲しくなって通常盤を手に入れるのです。初めて買った嵐のCDです。
 
こうしてだんだん櫻井くんと嵐の沼に溺れていって、「しょーちゃん」と呼ぶようになり、「櫻井担」を名乗るようになったわけです。マイナが言ってたアルバムTimeも手に入れて聴きまくって、ああもうこれは嵐に会いたい!!!!と思うようになり、母に許してもらい、ファンクラブに入会。今200万くらいいるんですかね?今となっては早い方なんじゃないかな、番号20万台の黄色い会員証を手に入れました。
 

f:id:xodism:20170205115401p:plain

 
ちなみに母は学生時代近藤真彦様を応援し続けたオタクだったのですが私を追いかけるようにしょーちゃんしょーちゃんいうようになりました。CD要らないとか言ってきたこともあったのに。なんで真似するの~!!!!?と言ってたりもしましたが(笑)、母が嵐にハマってくれたおかげで、早いうちから嵐に理解があったおかげで、私は素晴らしい環境で嵐を応援することができたわけです。ありがとうお母さん。
 
そしてなんと。初めての現場はジャニーズカウントダウン2008ー2009。当たったんです。しかもこのタイミングで嵐は10周年を迎えるので10周年メドレーをやってました。幸せだった。天井だったけど。翌年に嵐は紅白出場、翌々年には紅白司会に抜擢され、カウコンには中継で参加するようになった為08-09のカウコンに行けたのはほんとうに奇跡でした。
 
その後映画「ヤッターマン」を観に行って自担のキスシーンを目の当たりにして震えたり、次々と出るシングルを買うのは当たり前になったり、10周年ベストアルバム「All the BEST!1999-2009」が発売して嵐のことをもっともっと知るようになります。
 

f:id:xodism:20170205113654j:plain

 

また、部活のパートの先輩2人がジャニオタで(Hey!Say!JUMP・山田涼介くん、関ジャニ∞丸山隆平くん)盛り上がってました。特に山田の先輩は「Your Seed」の振りを教えてくれるなどをして魅力を伝授されてました。
 
こんな感じでジャニーズに溺れるようになり、しょーちゃんを好きなことを周りに公言していくうちに更に思いは爆発してすっかり「まい=櫻井翔」という認識をされるようになります。給食の時間に嵐が流れるとみんな、まい〜と言ってくれるんです。快感です。
 
ジャニーズショップに行ってしょーちゃんを購入したりマイナや母親と一緒に10周年ツアーにも行ったり、過去のアルバムやDVDを少しずつ手に入れたり、番組「嵐の宿題くん」(これはちょっと前からやってたけど)や「ひみつの嵐ちゃん!」(ほんと好きだった)、「VS嵐」(当時土曜昼間だったなあ)を見るのは当然。「特上!!カバチ」や「ザ・クイズショウ」などのドラマも毎週楽しみで、嵐に染まりまくりな中学2年生でした。ちなみにanan「オトコノカラダ」で妊娠しました。
 

f:id:xodism:20170205114024j:plain

f:id:xodism:20170205114036j:plain

f:id:xodism:20170205114048j:plain

 
同時に「左目探偵EYE」「NYC boys」、「Hey!Say!JUMP」の山田くんを目にするようになり、涼介〜!とか呼んじゃったりして調子に乗っていた時代(笑)。嵐嵐嵐の私にとってたまに見る山田くんは刺激的な存在だったのです。
2010年夏にHey!Say!JUMPは初アルバム「JUMP No.1」を出すわけですが、好きになったらとことん好きでいたい!というオタク気質は変わらない。気づいたら初回限定盤を買っていました。
 

f:id:xodism:20170205114323j:plain

 
おいゲロ可愛いな…
 
この時くらいからジャニ誌「POTATO」を毎月のように買うようになりました。目的はしょーちゃんと涼介。……あれ?涼介の後ろ端にいる「伊野尾」って人、かっこいいな!!…これが伊野尾慧くんとの初期すぎる出会いでした。
しかし当時は見切れアイドルと言われていて、全くカメラに抜かれない音楽番組。単純接触効果ですよね、そりゃあいっぱい映る山田くんを見ていましたし好きでした。それに、伊野尾ってかっこよくない?って言っても、「えー!???わかんない!!!」と否定をされたり、「えー!???だれ!??」と言われたりで、おもしろくなかったので心に秘めることにしていました。山田くんの次にかっこいいなーくらいの。
 

f:id:xodism:20170205114548p:plain

 
さて、話が転々としていますが2010年夏。嵐ライブツアー「scene〜君と僕の見ている風景〜」in国立競技場。アリーナ円ステ2列目という神席が当選し、肉眼で、しっかり嵐を拝んだ瞬間でした。目の前で「Troublemaker」や「Monster」を聞けた見れた思い出。忘れません。冬にはドーム公演も行き、しっかりエネルギーを蓄え、高校受験を頑張ることができました。周りは嵐ファンばかりで中学時代は毎日が楽しかったです。
 

f:id:xodism:20170205114652j:plain

 
書き出したらきりがないんですが、とにかく嵐一色の3年間でした。
特に「Believe」や「CrazyMoon~キミ・ハ・ムテキ~」は狂うほどリピしてました。ほんっとにかっこいいんだこれが…オタク特有の「ううううううっうぅう」ってなるやつです。「マイガール」や「Everything」らへんのビジュもツボすぎて馬鹿みたいに写真買ってました。好きになったきっかけの一つである「山田太郎ものがたり」が私の中では大きくて、「やまたろ」「磁石」「櫻宮」コンビが昔からずっと好きだったのでやたら二人の写真があります。
 

f:id:xodism:20170205122334j:plain

 
おいめっちゃ色褪せてんぞ!!!!!(笑)
ああ本当はシングル一枚一枚思い出を振り返りたい。
 
そんな感じで中学卒業、高校へ入学します。